アイコンサイズとアイコンのグラデーション加工をオフにする方法

タイトルの通り、アイコンに関するまとめ。

『アイコンサイズ』
デフォルト:Icon.png (57 x 57)
Retina用:Icon@2x.png (114 x114)
App Store用:XXX.png (512 x 512)
起動画面用:Default.png (320 x 480)
起動画面Retina用:Default@2x.png (640 x 960)

起動時に表示される画像に関しては、Default.pngの名前でResourceとかのフォルダに入れておけば、勝手に認識してくれる様子。
アイコンファイルは、info.plistの『Icon file』もしくは『Icon files』で指定する。
 
 
『グラデーション加工OFF』
Info.plistで適当なKeyの+を押して、『Icon already includes gloss and bevel effects』を追加してチェックを入れる。

オフにしたいのにチェックを付けるっていうのが、ちょっと納得行かないところ。
まあ、設定の英文からして、Apple的にはアイコンにグラデーションがかかってて当たり前、みたいな考えなんだろうけど。(『Icon already includes gloss and bevel effects』=『このアイコンにはもうグラデーション加工を施してあります』)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。