nib but the view outlet was not set

簡単な画面遷移のプログラムを組んでいた時に、急にSIGABRTを連発して先に進まなくなり、エラーの詳細を確認したら『(前略)nib but the view outlet was not set』となっていて、このエラーメッセージでググったら、新しく作ったViewがFile’s Ownerにリンクされてないだけということが判明した。

画面を作るのと一緒に、前画面から次画面にデータを受け渡す処理を構築していたせいで、そのデータの受け渡しや利用の仕方に問題があるものと思い込んで、数十分、あーでもないこーでもないと時間を無駄にした。
 
 
超基本的なことでも、タイミングが悪いと強敵になるという話。
あと、横着せずにエラーメッセージはちゃんと確認しようね、という話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。