Xcode4の新機能

Xodeが3から4になり、InterfaceBuilderが統合されることで使えるようになった小技をメモ。

1.Xcodeの画面の右上の、レイアウトを選ぶボタン(『Editor』)で真ん中を選択して、xibファイルを選択したときに、右側にヘッダーのソースが表示されるようにする。
2.xib上にオブジェクトを配置したあとに、オブジェクト上で右クリック(Ctrl+クリック)をして、そのまま右側のソースまでガッとドラック&ドロップ
3.表示されたダイアログ上の『Name』に、変数名を入力
4.テンプレ的なソースを自動で入力してくれる

正直、この機能だけでもXodeを3から4に変える価値があると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。