ケータイ用ページ削除

何かGoogle先生に「お前のサイトの一部がスマートフォンの表示に最適化されてないぞ」とお叱りのメールを頂いたので、内容を確認してみたら、JavaScript、CSS非対応のブラウザ用ページ(今で言うガラケー、昔で言うケータイのブラウザ用ページ)で、以下の点が問題との指摘だった。

1.タップ要素同士が近すぎます。
2.ビューポートが設定されていません。
3.フォントサイズが小です。

2番はともかく、1と3に時代を感じます。
ほんの5年も前には、推奨されていた造りが、今の時代には非推奨になってしまうという。

そんなわけで、ガラケー用にtableタグとbrタグのみで構成していたページを、サクッと丸ごと削除しました。
もう今の時代、わざわざガラケーからウチのサイトに来て下さるような方もいないでしょうし。
 
 
こうなると、むしろスマートフォン対応ページを作らないと行けないのかな、と思う今日この頃。
・・・わざわざページを増やすのも楽しそうだけど、CSSをスマートフォン向けにチューニングして終わりにしそうな予感。

加速度的に時間経過

気がつけば、最後の投稿から2年以上もブログを放ったらかしてました。

その間に、iOSは自分が触っていた頃の2倍のバージョンになってたりして、家にある、当時高いお金を払って揃えたXCodeの参考書群も半分以上が役に立たないというありさま。
職業柄、時代の進化のスピードには付いて行けるように常に新しい知識を仕入れる姿勢をしているつもりですが、それにしたって、ここまで加速されてはさすがに振り落とされてしまいます。

最近はiPhoneアプリよりAndroidアプリ作ってる事のほうが多いし。
Androidいいですよ、Android。
開発環境の構築&移動&複製が簡単。標準でEclipseという、Javaラーに嬉しい造り。

実機のテスト環境として、未だ中途半端にユーザー数はいるのに新発売はされなくなった4インチスマートフォンも、1万円で買えちゃうし。

『covia FLEAZ F4s CP-F40S』
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00PVKVDMI/

廃墟と化したブログに、戯れに投稿なんぞしてみましたが、特にネタはありません。
こちらからは以上です。

ブログの今後

最近、記事の投稿も総量が増えてきて、いざ必要だっていうときに、必要な情報にアクセスしにくくなってきた感がある。
なので、いっそwikiでも立ててそっちにデータを移すか、と考えてるんだけど、なかなかまとまった暇とやる気が手に入らない・・・。

そもそもこのブログでプログラム関係の記事を書くようになった発端が、『ネットに落ちてる情報はいつ消えるかわからんから確保しときたい』ってだけだったから、特にブログ形式にしておく必要はないんですよね。最初っからね。

どうしたものか。
いや、やる気出せよってだけの話なんですが。

CSVファイルの読み込み(配列格納)

CSVからデータを読みだして配列に格納する方法。

    // CSVファイルからセクションデータを取得する
    NSString *csvFile = [[NSBundle mainBundle] pathForResource:@"CSVファイル名(拡張子なし)" ofType:@"csv"];
    NSData *csvData = [NSData dataWithContentsOfFile:csvFile];
    NSString *csv = [[NSString alloc] initWithData:csvData encoding:NSUTF8StringEncoding];
    NSScanner *scanner = [NSScanner scannerWithString:csv];
    
    // 改行文字の集合を取得
    NSCharacterSet *chSet = [NSCharacterSet newlineCharacterSet];
    // 一行ずつの読み込み
    NSString *line;
    arrDetail = [[NSMutableArray alloc] init];

    //タイトル行読み飛ばしフラグ。読み込む場合はtrueにする
    bool titleUse = false; 
    while (![scanner isAtEnd]) {
        // 一行読み込み
        [scanner scanUpToCharactersFromSet:chSet intoString:&line];
        if(titleUse){
            // カンマ「,」で区切る
            NSArray *array = [line componentsSeparatedByString:@","];
            // 配列に挿入する
            [arrDetail addObject:array];
        }
        // 改行文字をスキップ
        [scanner scanCharactersFromSet:chSet intoString:NULL];
        titleUse = true;
    }

 
 
参考にさせていただいたサイト様
 http://b.ruyaka.com/2010/10/17/iphoneアプリ開発-csvファイルデータ取得/

プロジェクト名の変更

XcodeでiPhoneアプリを作成する際に、途中でプロジェクト名を変更したくなった場合の方法まとめ。

『基本』
プロジェクトを選択して、ファイルインスペクタ上で更新

参考にさせていただいたサイト様
 http://nolili.wordpress.com/2011/06/04/xcode-4でプロジェクトの名称変更/
 
 
『基本を無視して変に変えてしまった場合』
例えば、プロジェクトのTARGETSのBuildSettingsのProductNameを変えたりとか、Xcode上ではなく、MacのFinder上で名前を変えてしまった場合の対処法。

1.MacのFinder上で、元のプロジェクト名がついているファイルを、すべて新しいプロジェクト名に直す。
 (『.xcodeproj』以外。理由は後述)
2.Xcodeを起動して、プロジェクトのファイルインスペクタで名前を変更。新しい名前の.xcodeprojが作成される
 (この時、.xcodeprojの名前を変えてしまっていると、『既に存在します』というメッセージが出て更新できない)
3.プロジェクトのBuildSettings上で、元のプロジェクトになっている部分を、すべて新しいプロジェクト名に変更
 (plistとかprefixとか)
4.プロジェクト内のファイルを全て一度削除(リンク解除。物理削除しないように注意)して、AddFilesで全部登録し直す
 (ファイルパスが変更されているため)
5.Stopの横にある起動場所の選択をクリックして、NewSchemeを選択
6.同じ場所のManageSchemeで、元のプロジェクトの名前のSchemeを削除

ざっくりとした説明ですが、概ねこの手順のとおりに作業すれば、プロジェクト名を変更できるはずです。